70歳男性肩、肩甲骨の痛み、前腕の痺れ

問診

歩いている際に肩周りに痛みや痺れが強くでて、整形外科さんに通院されていましだか、痛みが引かないため来院されました。

症状としては、肩甲骨、肩に痛み、腕に痺れや手指の動かし辛さがあり、歩く事により、より痛みが強くなるとの事でした。

初回施術

関節の緩みや、骨の歪みが原因により痛み、痺れが出るため、保険の施術でまずは関節の緩みを取るような施術を行いました。

自費の治療、(症状別メニュー)にて、頸、背中にローラーをかけて、歪みを取る治療を行い、その後硬くなっている痛みの原因である筋肉をほぐす治療を行いました。

痺れの強さは変化がないが、痛みは少し減ったとの事でした。

10回目の施術

生活指導もしつつ、痛みは徐々に取れてきましたが、まだ痺れが残るとの事で、鍼を体験しました。痺れに対しては鍼がとても強いので鍼治療を行ない少し痺れが取れたとのことで、鍼治療とローラー治療を継続してしていく事になりました。

 

現在

現在では歩いている際のひびく痛みや、肩甲骨、肩、腕のしびれなどが落ち着いてきたので現在は少しずつ通院頻度を減らしなが、治療を行っています。