50代女性 モートン病

問診

足の痺れがあり、整形外科さんに来院したところモートン病と診断されて、通院するも、あまり症状に変化がないため当院に来院されたとの事でした。

足の甲と指の間に痺れと痛みがあり、下肢の筋肉にもハリ感とだるさがあるとの事でした。

初回施術

姿勢分析をしたところ、片足に重心がかかり過ぎている傾向にありまし た。

施術としては、股関節に圧をかけたり、動かすことにより体重が均等にかかりやすい状態をつくりました。

また症状別メニューにて、下肢にローラーをかけ筋肉のバランスを均等にし、痛みの出ずらい体ずくりをしました。

施術後前より痛みと痺れが少し和らいだとの事でした。

2回目の施術

前回と同様にまだ足の痺れが残るとの事なので引き続き、下肢にローラーをかける施術と骨盤周りを整える施術を行いました。

また足のアーチが崩れる事により、足底に痺れ、痛みが出る原因になるので足底にアーチを作るようなテーピングを行いました。

現在

初回に来院された時よりも痛み、共に痺れも減り、まだ痺れが少し残るため、引き続きローラーによる治療を行いながら、姿勢と気になるとの事でしたのでEMSによる筋力トレーニングと、骨盤矯正による姿勢改善を行っています。